布施真空は、昭和31年設立の真空成形機などの製造・販売・開発・試作・受託加工まで担う老舗機械メーカーです。

 当社が世界に先駆け開発した特許工法【TOM成形】を使い、プリント基板に薄い透明フィルムを立体3次元形状に貼り付ける事が可能です。真空の中で貼り付けるので空気残り無く、フィルムを加熱して空気の力で加圧するので3次元形状に伸ばす事ができ、接着剤・粘着剤を媒体にしてフィルムを被着体に貼り付ける事が可能になります。

 そうすることで見た目や重さを殆ど変えずに【防水・防塵・防錆・防湿・防滴・防汚・防虫・耐震】などの機能を付与することが可能です。
また使用するフィルムにより、製品に高付加価値として、耐候性・耐薬品性などの機能性を付与する事もでき、製品の改質や機能向上を達成する事も可能となります。また、固定・飛散防止・ブラックボックス化なども可能です。

TOM防水済みプリント基板

基板の見た目や重さが元と殆ど変わらない

薄い透明フィルムを成形(貼り付け)するため、見た目や重さを殆ど変えずに【防水・防塵・防錆】などの機能を付与することが可能です。

【FVF】TOM防水-樹脂ポッティング不要

製造工程が速くなる

フィルムを使用するので、2液ウレタン調合の手間・脱泡・硬化させるための乾燥が不要なので製造工程が速くなります。

また液体ではないので流し込むためのケースも必要ありません。

【FVF】TOM防水-コンデンサ成形部分

機能性を付与できる

使用するフィルムの機能により、プリント基板にフィルムの機能性を付与できる。
例えば、耐候性・耐薬品性など。

また、コンデンサなどの固定・飛散防止・ブラックボックス化も可能です。

従来の基板防水工法(樹脂ポッティング・ディッピングなど)に変わる新しい画期的な防水バリア工法です。
当社では、この防水バリア工法【TOM防水】を行える成形機械の販売・当社での受託加工(量産受け)・スポット生産・試作などが行なえます。

TOM防水の成形方法と成形機の紹介

トピックス

2022年07月05日

2022年7月4日にラジオ大阪から放送されている【OBCグッドアフタヌーン!原田年晴 かぶりつきマンデー!】 内で、当社やTOM工法の技術が紹介されました。※現在は過去の放送を聞く事ができません。

2022年02月04日

2022年2月4日に発行された日経産業新聞に、日経優秀製品・サービス賞を受賞したことによる 「開発の現場から」と言う、弊社の車体へのTOM工法技術紹介と開発話が掲載されました。